「浦安整骨院」で痛み・不調を徹底改善

4月の後半になり、気温差が激しくて身体がなかなか追いついていかないですね。こういった時に体調を崩しやすくなりますので、体調管理をしっかりとしていきましょう。

今回は身体の疲れは血液の流れからについてお話ししていこうと思います。私たちの身体には、頭からつま先までほとんど隙間なく血管が張り巡らされおり、大人ですと全体で10万㎞、地球2周半にもなるといわれております。全身に隙間なく張り巡らされている血管のおかげで全身に栄養や酸素を送り届けています。

身体が疲れる原因は血液とその流れにあります。血液には身体に必要な栄養素や生命維持に必要な酸素が溶け込んでいます。また栄養素だけでなく、身体に悪影響な疲労物質や老廃物も溶け込んでいるため、血液の流れが悪くなり疲労物質が溜まりすぎると身体の疲れや痛みを感じます。ひどい場合ですと、血管の中で血液の塊ができ心臓や脳で詰まってしまい命を落とすこともありますので血液の流れは身体にとってとても大切になってきます。

血液の流れをよくするためには身体を温めること大事です。自分の体力に合わせて少し汗をかくぐらいの運動で身体の芯から温まるので効果的と言われております。食事では冷たいものをできるだけ避けて温かいものを食べるようにしましょう。

これから気温が上がって暑くなるとエアコンで身体が冷えてしまうと思いますのでぜひ試してみてください。

「浦安整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP