「浦安整骨院」で痛み・不調を徹底改善

皆さんこんにちは、浦安整骨院です。今日は久しぶりに雨が降っていますね。気温も高くなってきているので、雨が降ると涼しいというよりはジメジメとした天気になりますね。今週は少し天気が悪くなるようですので、気圧の変化で体調を崩されないように注意してくださいね。

 

今日は身体の負担が強くなることで起きる、左右の足の長さの違いについてお伝えしていきますね。身体というのは、左右でバランスをとっているのですが、普段の生活の癖などで左右のどちらかに負担をかけやすい方は、筋肉の状態が悪化することによって足の長さが変わってしまう場合があります。筋肉というのは状態が悪くなると縮こまる性質があります。骨を動かすためにくっついていますので、状態が悪くなることで筋肉が骨を引っ張ってしまうことで、左右の足の長さが変わってしまうのです。このような状態を放って置いてしまうと、重心のバランスが崩れてしまい、様々な部分に負担をかけて痛みにつながってしまいます。左右で身体の使い方が変わってしまうため、背骨も歪んでしまいます。

 

日頃から痛みを我慢し過ぎないように気を付けていただいて、痛みが強い場合は、すぐに医療機関を受診するようにして下さい。

 

「浦安整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP