「浦安整骨院」で痛み・不調を徹底改善

1月も後半に差し掛かり寒さが大分厳しくなってきましたね!寒さが影響で関節や筋肉に痛みが出やすくなりますので寝るときは身体を冷やさないようにできるだけ暖かい恰好で寝ましょう。今回は筋肉を緩める方法についてお話させていただきます。肩の痛みや腰の痛みがなかなか取れない方の多くは関節を動かす筋肉の柔軟性が失われています。そもそも筋肉というのは輪ゴムのように柔軟に伸び縮みができ身体の動きを作っておりますがこの柔軟性がなくなってしまうと筋肉が伸ばそうとしても伸びなくなり筋肉の繊維が伸ばされ痛みが出てきます。筋肉の柔軟性が失われる原因としては2つあります。1つ目は長時間の作業により同じ姿勢が続くことです。同じ姿勢で長時間いるとその姿勢を筋肉が覚えてしまい、筋肉が緊張をしてしまいます。2つ目は筋肉を動かさないことです。筋肉は動かさないと筋力も落ちますし、筋肉の伸び縮みをスムーズにするために必要なコラーゲンが出ないため筋肉の繊維がすれて痛みが出てきます。そうならないためにも日常生活や仕事の休憩中にちょっとしたストレッチや軽めの運動が必要になってきます。筋肉を動かすことで筋肉の柔軟性が上がり血液の循環もよくなるため身体の痛みも早く取れていきます。筋肉に対しての施術でも筋肉の柔軟性は上げることができますが日常生活の中に運動も取り入れられたら今より体の状態は良くなりなりますので運動をしてみてはいかがでしょうか?

「浦安整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP