「浦安整骨院」で痛み・不調を徹底改善

5月の後半に入り気温が真夏並みの気温になりましたね!気温が高くなると熱中症や脱水症状などになる可能性がありますのでこまめに水分を取りながら日陰で休むようにし熱中症にならないようにしていきましょう。

今回は気圧の変化で起こる関節の痛みについてお話ししていこうと思います。これから梅雨の時期に入り天候や気圧が変化しやすくなり身体もそれに追いついていくのが大変になっていく時期になります。気圧の変化でよく起きるのが身体の痛みです。

特に気圧が急に低下したときや雨雲が近づいてきたときに関節や頭に痛みが出やすいといわれております。気圧の変化を感知する身体の器官は耳の奥にある“内耳”にあり気圧の変化を感じると自律神経が活発になり脳に危険信号が伝わります。そうなると脳は危機感を感じ関節に痛みを感じ始めます。

この痛みを抑えるためには自律神経の乱れをなくすことが大事になります。乱れないためには睡眠をしっかりと取り食事も三食欠かさずに食べ適度に運動をすることが大事になってきます。普段の生活が乱れてしまうと身体にも影響しやすくなり体調を崩してしまうので気圧の変化が大きい時期には規則正しい生活を心がけましょう。

「浦安整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP